• 上野国神名帳 神社

上野国神名帳の神社

上野国神名帳とは -上野国司が作成した国帳-

上野国神名帳は国司が国内神459座に班幣のため作成した国帳が原型で、国内崇敬神社を記録した国内神名帳であり、国内の主要神社を1箇所に勧請するために作成された、いわば律令制度下における神社のランキングである。

神名帳の読み方は「じんみょうちょう」「じんめいちょう」「しんめいちょう」と現在色々な読み方がされているが、正式には「じんみょうちょう」とされてる。 神名帳の製作年は不明だが、総社神社では1298年に写されていることや総社神社の創建の伝説から平安時代後期には既に存在していたのではないかと思われる。

平安時代後期に作成されたものと仮定しても、記載されるのには当時それなりの崇敬がある有力神社であると言っても過言ではない。延喜式に記載されていないが、当時存在し崇敬されていたであろう神社が記載されており、ある意味「式外社」としても考えられる。

上野国に残された国内神名帳は総社神社御神体になっている上野十四郡諸社神名帳で通称「総社本」、一之宮貫前神社所蔵の上野国神名帳(氏春の署名)で通称「一宮本」、三夜沢赤城神社旧社家真隅田家の上野国神名帳で通称「群書類従所収本」の三本の異本があり、神社名ではなく神名で記載されている。多く残されている上野国神名帳はこの三本の神名帳を元として写されているのである。

記載神社は鎮守社に式内社にも含まれている神社、各郡には有力な豪族がバックについた重要地域の神社が掲載されている。神階が従五位下よりも下位の神社は記載されずに余社としてまとめて数えられているので上野国内全ての神社ではなく選りすぐりされた神社である。

記載神社の創建は古く、現在残されている神社を特定するのは困難であり、ハッキリと判明している神社は少数しかない。所在不明の神社は、伝承や土地、祭神名などから推測する他無く論社が多くなる。

上野国神名帳の違い -上野国神名帳には異本が三本ある-

上野国神名帳は「総社本」「一宮本」「群書類従所収本」の内容に明らかな違いがある。五百七十九座の神名帳と五百四十九座の神名帳、鎮守社が十二社と十社、神階の相違、神名の相違、神名の記載の有無など。

また総社本や一宮本には特徴的な違いがあることが多く、書き写し間違いだけでなく政治的な背景があり、加筆や減筆といったことがあるようだ。 勢力内の神社が記載されていることは名誉であることから、当時の時代背景や神社・豪族等の圧力や衰退によって違いが生じたことにより異本が存在することも充分に考えられる。

上野国神名帳記載の現存社 -同名神社はとても少ない-

上野国神名帳に記載されている神社は全て神名になっていて、神社名ではない。 神名から判断できる記載神社は、全てでは無いが現在も残されている。 しかし同名神社はとても少なく、1座の神名に論社が複数あることも多い。

他にも神社関係者・豪族・氏子などが少しでも由緒ある神社にして政治的に利用するために由緒を書き加えた神社もある また口碑・推測といった根拠が薄い論社も多く、社名を特定できても同名神社が複数あるなど、記載神社に該当するかがハッキリと明確になっている神名は少ない。

上野国神名帳の写本

  • 上野総社神社のご神体、上野十四郡諸社神名帳(県指定重要文化財)
    (総社本)
  • 一之宮貫前神社所蔵の上野国神名帳
    (一宮本)
  • 三夜沢赤城神社旧社家真隅田家の上野国神名帳
    (群書類従所収本)
  • 鈴鹿連胤氏の書写による上野国神名帳
    (神社覈録)
  • 奈佐勝皐氏の書写による上野国神名帳
    (奈佐本)
  • 廣野大神社の総社本写し

このページの先頭へ